• 女性医師
    が診察
  • 予約
    優先制
  • 専用駐車場
    あり

子宮筋腫・子宮内膜症

子宮筋腫

子宮筋腫のイメージ画像

子宮筋腫は、子宮内にできる良性の腫瘍で、一般的に子宮体内の筋肉組織から発生します。症状は個人によって異なり、以下のようなものがあります。

月経異常 子宮筋腫が大きくなると、月経周期が不規則になることがあります。出血が多く、長期間にわたることもあります。
下腹部の圧迫感 子宮筋腫が大きくなると、下腹部に圧迫感や腹部の膨満感を感じることがあります。
排尿障害 子宮筋腫が膀胱に圧力をかけることで、頻尿などの排尿障害が起こることがあります。
腹痛または腰痛 子宮筋腫が大きい場合、腹痛や腰痛が起こることがあります。

子宮筋腫の一般的な治療法には、以下のものがあります。治療法は、患者様の症状や年齢、ライフスタイルなど状況に応じて考えていきます。

経過観察 軽度の症状を持つ患者様には、子宮筋腫の成長を定期的に診る方法があります。症状が進行しない場合、治療を受けずに経過観察することができます。
薬物療法 薬物療法は、症状の緩和に効果的です。ホルモン療法や非ステロイド性抗炎症薬を使用して出血や痛みを軽減することができます。
手術 子宮筋腫の症状が重度である場合、手術が必要なことがあります。子宮筋腫摘出手術(ミオメクトミー)や子宮全摘術(子宮摘出)が行われます。
塞栓術 塞栓術は、子宮筋腫に栄養を供給する血管を塞ぐ方法で、腫瘍の縮小を促すことがあります。

子宮内膜症

子宮内膜症は、通常、子宮内膜が存在すべき場所でない場所に成長する疾患で、一般的に腹腔内に影響を及ぼします。症状は個人差がありますが、以下のようなものがあります。

月経痛 子宮内膜症の最も多い症状は月経痛です。激しい下腹部痛や腰痛が、月経周期と共に、また、月経周期以外に生じる場合もあります。
腸の問題 子宮内膜症が腸に影響を及ぼすと、便秘、下痢、排便痛などの問題が発生することがあります。
性交時の痛み 子宮内膜症の影響を受けた部位が性器周囲にある場合、性交時の痛みや不快感が生じることがあります。

治療法は、子宮内膜症の重症度や症状の程度に応じて異なります。一般的な治療法の概要は以下のとおりですが、いずれにしても症状の管理と病状の進行を防ぐため、早期の診断と適切な治療が重要です。

薬物療法 症状の管理には非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やホルモン療法が使用されます。ホルモン療法には経口避妊薬、IUD、ホルモン療法などが含まれます。
手術 重度の子宮内膜症の場合、手術が必要となることがあります。手術には子宮内膜症組織の切除や、子宮や卵巣の一部または全部を摘出する手術が含まれます。
不妊治療 子宮内膜症は不妊の原因となることがあるため、不妊治療が必要な場合、体外受精(IVF)などの方法が検討されます。

子宮腺筋症

子宮腺筋症のイメージ画像

子宮腺筋症は、子宮の内側にある子宮内膜組織が子宮筋層に侵入する疾患です。子宮腺筋症の主な症状は以下のようなものがあります。

月経痛 子宮腺筋症の最も一般的な症状は、激しい月経痛です。痛みは通常周期的で、月経周期と共に増悪します。
腹部の圧迫感 子宮内の増大した組織が圧迫感を引き起こし、下腹部の重苦しさを感じることがあります。
不正出血 月経以外の時期に出血が起こります。

子宮腺筋症の治療法は症状の重症度、年齢、患者様の希望に応じて選択します。子宮腺筋症は慢性的な疾患であるため、症状の管理と生活の質の向上が治療の主要な目標です。以下は一般的な治療法の概要です。

薬物療法 症状の管理には非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)やホルモン療法が使用されます。ホルモン療法には経口避妊薬、黄体ホルモン療法、IUDなどが含まれます。
手術 重度の症状や合併症がある場合、手術が検討されることがあります。手術には子宮摘出(子宮全摘出)が含まれます。

卵巣のう腫、卵巣腫瘍

卵巣のう腫は、女性の卵巣内に液体や固形物で満たされた袋状の塊で、通常は良性です。一般的には症状を引き起こさないことが多いですが、症状が出る場合もあります。一般的な症状としては、下腹部の痛みが挙げられます。卵巣のう腫が大きくなると捻転を起こしたり破裂することがあり、下腹部に痛みや圧迫感を引き起こすことがあります。

卵巣のう腫の治療の主要な目標は、症状の軽減、合併症の予防、および生活の質の向上です。卵巣のう腫の治療法は、腫瘍の性質、大きさ、症状の重症度、患者の年齢、および妊娠の希望に応じて異なります。以下は一般的な治療法の概要です。

経過観察 卵巣のう腫が小さく、症状を引き起こさない場合、定期的に経過を診る場合があります。のう腫が自然に縮小することもあります。
薬物療法 のう腫の種類にもよりますが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)や経口避妊薬などのホルモン治療が選択される場合もあります。
手術 大きく、症状を引き起こす卵巣のう腫の場合、手術が必要となることがあります。手術にはのう腫の切除(のう胞摘出)や卵巣摘出(卵巣全摘出)が含まれます。
予約はこちら
院長
福井 薫
診療科目
婦人科、産科(分娩は取り扱いません)、女性内科
電話
0797-78-6051
FAX
050-3512-4064
住所
〒665-0812
兵庫県宝塚市口谷東1丁目26-14
アクセス

車・自転車等でお越しの方

  • 専用駐車場5台
  • 専用駐輪場あり

バスでお越しの方

  • 阪急 川西能勢口駅から阪急バスに乗車、「南花屋敷」バス停より徒歩4分
  • 阪急 山本駅から阪急バスに乗車、「口谷東」バス停より徒歩3分
診療時間
休診日:水曜・日曜・祝日
受付は診療時間の30分前までとなります。
当院はレディスクリニックのため、男性のお付き添いをご遠慮いただいております。
日祝
9:00~13:00
(受付9:00~12:30)
15:00~18:00
(受付15:00~17:30)
イラストマップ | クリニック横の道路からは駐車場に入庫できません。ご注意ください。